葬儀関連ニュース

葬儀関連ニュース

地域で違う、葬儀の喪主は誰が担当?

福井新聞が6月5日(火)に報じたところによると、「葬儀の喪主を誰が務めるのか?」というテーマに関し、その考え方に差があることが分かりました。
 
これは、千葉大大学院人文公共学府特別研究員の金沢佳子さんが行った、地方紙12紙の「おくやみ」に掲載された「喪主」が、故人とどのような続柄であったかの調査を参考にしたものです。調査は、2007年と2017年のデータを比較する形で行われました。
 
これは地方における葬儀の形を知るための調査として、興味深いものがあります。
 
日本は長年、長男を最優先とする考え方「家制度」が主流でした。しかし、主に大都市圏では核家族化が進行し、葬儀に関しても配偶者が喪主を務めるケースが目立ちます。
 
今回の調査は地方都市のみが対象となっていますが、長崎県や佐賀県といった、地方の中でも核家族化が進んでいる都市では、半数以上のケースで配偶者が喪主を務めています。
 
長男が喪主を務める割合がもっとも高かったのは福井県で、おくやみに掲載された葬儀において、約7割でした。続いておとなりの石川県、さらに茨城県という順番になりました。
 
今回の調査で、長男が喪主を務める割合がトップだった福井県は、保守的な考え方が多勢を占め、「家制度」の考え方が現在も色濃く残っています。葬儀において長男が喪主を務めることは、後継者のお披露目的な意味合いがありますが、やはり核家族化の波は地方にも訪れています。
 
高齢化社会、核家族という日本が抱える社会問題は、葬儀の形にも少なからず影響を与えているようです。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与